FC2ブログ

ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

力を抜いて楽しむ

DSC_0257.jpg
スキーに行ってきた。特に友人も知人もいない夫の実家で長い冬休みをどう過ごそうか。と思っていたが、去年から家族でスキーに行くことにした。子供もスキーを楽しめる歳になってきたことでもあるし、車も北国使用であるし、夫もスキーに行きたい人であるし…。
 私は小さい時から親に何度もスキーに連れて行ってもらった。おかげで、スキーは滑れる。けれど、決して楽しい物ではなかった。お昼ご飯は、ロッジという所に入ったことはなく、母がにぎってくれたおにぎりとカップめんと甘く淹れてくれたコーヒーを車に積んでいくのです。
朝暗いうちに出発して、雪が降ろうが雨だろうが、寒かろうが手足がかじかもうと、とにかく滑る。お昼までお休みなし。お昼は、駐車場に戻りおひるごはん。そしてまた滑るのだ。最初は回数券だったけれど、大きくなってくると半日券から一日券。買ったからには使い倒す意味で夕方ぎりぎりまで帰ることは許されず、とにかく滑る。今から30年ほど前のことだからヒートテックもなくゴアテックだって高級品。手袋に水はしみてくるし足は凍えて寒いし・・・。けれど、ロッジはお金がないとは入れない。
帰りの車の中が、唯一ほっとできました。お菓子を食べてうたた寝して、家に着くと真っ暗で寒い。けれど荷物を降ろしてスキーの水気を取って後片付けして、次の日は学校。父がスキーにハマっていたのでかなりの回数いきました。
 でも今は、大人になり自分なりの楽しみ方を見出しました。まず、天気が悪いときはロッジの中で待機。寒いときや疲れたときは、ちゃんと休む。無理せず、早めに切り上げ、温泉に入るなどなど。
だって、楽しみに来ているのに、苦しむなんて!
夫にも、『無理させるならいかない!』とくぎを刺しております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/780-25891a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad