ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介


 ”カエル”30cm×30cm 額装済み 3万円
 
 いつもは、バーナーワークの作品を作るのですが、前回のアートハウスでの展示『透ケルトン展』で、発表した作品です。
 銅板を切り、薬品でいろいろな色に反応させてガラス板に挟むのです。フュージングという技法です。銅板だけなら酸化被膜のおかげで、閉じ込められてくれるのですが間に草を挟んでみると、とても面白い具合に仕上がって、でもそれなりの苦労がいろいろ起きてきて…。
DSC01908.jpg
 ”カエルと草”30cm×30cm 額装済み 3万5千円
初めてのことって、大変です。なにぶんデーターもなく、あの時は、展示会の期日も迫ってきていて、それでも試みは続き…。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/731-ca14f83c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。