ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西遊記の桃

蟠桃
 先日、果樹園をやっている友人に、桃をいくつかいただきました。そのうちの中に、へちゃむくれの、『え!?奇形?!』みたいな桃があって、びっくりしていると、これは、『蟠桃(ばんとう)といって、孫悟空が、守っていた桃なんだよー』と言っていました。
なんと興味深い!彼女たちも、いただきものだったのですが、こちらにまで回してくれました。
その友人の旦那さんが、蟠桃についての説明をメールで送ってくれました。

*さっきの桃について
西遊記にも登場したこの蟠桃・・・ 仙術も会得した孫悟空は、天界の一員となりやがて、果樹園の管理人に任じられたそうです。 その果樹園には桃の木が3600本植えられており、 手前の1200本は3000年に一度実をつけ、それを食べると仙人になれ、 真ん中の1200本は6000年に一度実をつけ、それを食べると不老不死になり、 一番奥の1200本は9000年に一度実をつけ、 それを食べると天地があらんかぎり生き長らえる・・・。とされていたようです。 孫悟空と猪八戒が、この9000年に一度実をつけるという大切な桃を勝手に食べてしまい、八卦炉に封じられ、焼き殺されそうになりますが耐え抜き、体が鍛えられたが煙に弱くなった・・・ということです。 この後三蔵法師のお供をして天竺に行ったのです。

 いやー。珍しいものをいただいたものです。なんだか『幻の桃』とも言われているらしく、ネットで調べると、果肉はもっちりとしてジューシー。香りも甘みもよい。と書いてありました。実際に頂いてみると、確かにもっちりジューシー。でした。でも、今年の桃は皆甘いので、『あかつきのほうが甘い…。』と思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/725-712fe78a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。