ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にわからない

ここのところ、ずっと子供(2歳5か月)のアトピーについて書いていませんが、今日は久しぶりに…。
 依然として症状はあります。首回り、両手首ひじ、ひざの関節、へその下。寝入るときや、真夜中2~3回掻きむしりながら起きます。日中は、保育園で遊んだりしているので、気がまぎれるのか、ほとんど掻きません。でも、保育園でのお昼寝のときなどは、『今日は、かゆいみたいで、なかなか寝付けませんでした。』と連絡帳に書いてあることもしばしば。夜中は、私もそうですが、保育園でも保育士さんが、ずっとさすったり、小さなアイスノンを当ててくれたりします。感謝です。

 夏は、汗をかくのでしみてかわいそう。冬は冬で乾燥してひび割れてきてかわいそう。フルシーズンいろいろあります。ずっと脱保湿で通してきましたが、さすがにいつも粉を吹いて、血が服についていると、『これはクリームの一つもぬらにゃ!でもなんの?』ということで、いろいろ探しました。これまでも実にさまざま試したのです。
 弱から中程度のステロイドは医者に出されて仕方なく。それでもそれをやめてからは、ワセリン、馬油、メンソレータムAD(効いたけれどしみる。麻酔剤が入っているので子供には×)大乙膏、紫雲膏、ティートゥリークリーム、それでも、どれも今一つ。
 今通っている、ステロイドを使わない治療の岐阜のT皮膚科では、鉄分のシロップとビタミンHの粉をもらって、掻きむしって汁が出ちゃったらそこには亜鉛華軟膏をちょっぴりぬる。かゆいときはかゆみ止めシロップを飲ませてねてください。と言われましたが、これは飲みすぎるときかなくなるそうで、しかも、これを飲むと、日中(寝るとき掻かなかった分)掻くような感じがするので、あんまり飲ませていません。
『なにも塗るな』と言われていますが、これは明らかに乾燥でかゆさも手伝って…。

 そして、探しました!噂のモクタールを、手に入れることができました。くさいし、衣服に付くと取れないので、ステロイドに押されて、今は製薬会社が販売をやめた。と言われる中、寺町漢方薬局で買えると知り、さっそく一番弱めの5パーセントから。後、日中につける太乙膏も。
やはりにおいます(クレヨンと粘土をきつくした匂い)が、結構きれいになってきました。ステみたいに、ビタッと消えるのではなく、『掻いても負けない肌』になってくれれば。とおもってつかっているので。
太乙膏は、今まで使っていたのより、においが弱くて、ごま油の香りが強いので、なんかマイルドな感じ。でも、日中はそれをつけて保育園に行っています。『前より掻かなくなったとおもいます。』と保育士さん。でも、ゼロではないし、初めて二週間ですが、『掻いてあんまり眠れなかったです』という日もしばしば。日進月歩です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/685-1fbce7f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。