ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれに

 9月は思いのほか怒涛のように過ぎてゆく。
クラフトフェアから始まり、福島から助っ人が来飯、お子の誕生日、地元料理のお料理教室、野外保育のサークル、マクロビ料理教室、それのお当番になったり、なったからには打ち合わせや容易もしなきゃで、バタバタと・・・。
 八月は、仕事仕事で暇さえあれば工房にいたけれど、一段落着いた9月は、外の世界とかかわりを持とうと思って。

 で、マクロビオテックの料理教室・・・。
別に、先生がいて生徒がいて。というわけではなく、関心のある人たちが料理の本を読んで作ってみる。という風のゆるめの催しです。お当番をいただいたので、図書館などに行って色々マクロビ料理の本などを読んでみました。 ちょっと不自然感が否めない物もありますが、『こういうものや、考え方もあるのだ』という参考にはなりました。
 私自身は、肉や魚も食べますし、卵や牛乳も好きです(今は授乳中なので控えていますが)お菓子もすきだしコーヒーも飲む。かといって、玄米も好きだし生活の食事の大半は野菜が中心。それでいいと思っています。ただ、口に入れる食材には厳選したものを入れたいと思っています。そしてできるだけ素材系を・・・。

 周りには菜食主義の人が何人かいます。彼らは、マクロビとかではなく、単に口にあわなかったり、体が受け付けなかったり・・・。その人たちと食事を共にするときの参考になれば。と思っています。

そういえばドイツ・・・。あんなにハムやソーセージ有名なところですが、以外にベジタリアンが多いのです。魚は大丈夫だったり、乳製品までは大丈夫だったりと様々ですが。『えー?ドイツといえばハム、ソーセージでしょ?なんで?』ときくと、『だからよ。多すぎるの。』って。あと、『野菜しか食べないのに何でそんなに太ってんの?』みたいな事を聞いたら、『野菜しか食べないからよ。アブラが欲しくて、よけい食べちゃうんじゃない。ローファット(低脂肪)をとると、物足りなくてハイオイル(高油脂)(ドレッシングとかマヨとか)』ですって。 
 愉快なベジタリアン達。理由も様々でした。
 『スラリとした憧れの何とかさんがやっているから私も』『家の近所に屠殺場があってそれを見て以来・・・。』『囲われて、ストレスの中で生きた動物は食べない。野生で、生を謳歌して、僕が自分の手で殺した生き物なら・・・。』

 スーパーでパックに入って売っている肉を見てもピンと来ませんが、あれらも確かに生きていたのですよね。日本は、食肉用の家畜を殺す場面って、決して放送しませんが、ドイツは結構テレビでやります。
それが良い悪いではなく、でも少なくとも『食』を考えることにつながっているのは確かです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/603-764350d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。