ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラス義眼


 みなさま。義眼をご存知でしょうか?病気や事故で、眼球をなくしてしまった人たちのために、替わりにはめるガラス製の、目です。
 ドイツでは、西部のラオシャという町に、工場と学校があります。普通のガラスには、鉛が含まれるため、直接人体に触れるこれらのためにはよくなく、この眼球のパーツのために特別にガラスを作ります。
 この技術もすばらしいもので、あらゆる目の色の人の、虹彩に合う様、さまざまな色の組み合わせがあります。白目に這う毛細血管や、ほんのり水色のところまで再現します。また、色だけでなく、その患者の目のくぼみのアールに合う様、さまざまな計算が必要となります。少しでも、圧迫感を感じると、負担になるし、かといって、ゆるくてもいけない・・・。
 ドイツの、普通の職業学校は、3年で終了ですが、ここは5年かかります。しかも、学校があるならまだましで、昔は家族にしか伝えず、地下で秘密裏に仕事が行われていたのです。
 
 日本にも、義眼協会(多分こういう名?)なるものがありますが、尋ねてみたところ、日本では、危険性を感じるので、今はすべてシリコンだそうです。では、ドイツでもシリコン?と思ったけれど、ガラス製の義眼を使っている人は、少数ながらいるそうです。やはりリアルさが勝るのでしょうか??

 また、剥製や、高級人形にはめ込む専用の、義眼やさんも、この町に工房があります。ヤギ、ウサギ、熊、鳥類・・・。いろいろな区別がなされています。

もし、興味をお持ちの方、人形などに使いたい。と思いの方が、おられましたらどうぞお知らせください。資料あります。
スポンサーサイト

コメント

Glass eye

ガラス工芸の教室でGlass eyeの作り方をやっている所知ってますよ。

  • 2008/03/06(木) 00:15:12 |
  • URL |
  • sio #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/52-9ad64267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。