ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お子というもの

DSCドイツから
 もう一ちょドイツからお祝いが届きました。きれいな手編みの靴下と、『MAMAS KLEINE SCHATZ』(ママの小さなお宝)と書いてあるTシャツです。  うれしやありがたや。

 先日、姉夫婦が8ヶ月の男の子を連れてこの千代の山里に遊びに来てくれました。
その甥っ子・・・。最初に会った時は3ヶ月の赤ちゃんだったのに、子供の成長は本当に早い。もう、つかまり立ちして、何にでも興味津々。にっこり笑って破壊大王です。おちおち眼が離せません。

 生後一ヵ月半で『忙しい』といっていたのが恥ずかしくなる目のはなせなさ。
『今からもっとすごくなるよ』と色々なお母さんから言われました。そうか・・・。もっとすごくなるのか・・・。

 ずっと以前、姉に子供ができたばかりの頃、私はガラスで忙しくしていて、『子持ちの主婦』という生活が想像できず、『毎日家で何してるの?』と聞いたことがあったけれど、私が今まさにその状況。
驚くべきことに時間があっという間に過ぎてゆくのです。

  朝ご飯の用意とお弁当の用意をしてその隙に授乳。送り出してから洗濯、干して、赤ちゃんの沐浴、また授乳、時計を見ると大体お昼前。子供は5分10分でおっぱいを一気飲みしてくれるわけはなくオムツを替えたりげっぷをさせたりで30分は軽く経過。午後は午後で取り込んだ洗濯物をたたんで夕飯の用意して、子供の都合で一休みできたりできなかったり・・・。また授乳してオムツ替えて、そこら辺少し散歩・・・。あっという間に日は暮れる。
 
 なんなんだ・・・。かなりのハードスケジュールのわりには目に見えないので、夫に『何やってんの?日中』といわれて、たまにキレたりする。
 
 とはいっても、ねんねしているこの時期はまだ私も動けると、8ヶ月の甥っ子を見て、思った次第。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/505-9efa5605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。