ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十五夜

DSC15や
 昨日は、十五夜でしたね。今日が満月なのですが・・・。
きれいなお月様でした。

 十五夜の日には、夫がサトイモを煮ます。『芋名月』です。これはもう彼の、ずいぶん前からの慣例だそうで、張り切って作っています。
 一度下湯でしてぬめりを取って、昆布だしとみりんと醤油で煮きるそうです。
 それと日本酒で、月を見ながらいつも乾杯をしていたのですが、今年は残念ながら、彼は長野、私は福島。
 電話をすると、それでもご機嫌で、芋を食べていました。

 この福島の彼の実家でも、彼を習って芋の煮っ転がしを作りました。
けれど、作り方は、先日見たテレビのレシピで。
 かつおダシで下茹で。(その出汁は、あとで煮物やおつゆにでも使う)
火が通った頃に芋を取り出し、みりん大3、醤油大1(お好みで大2)で煮絡める。

 美味しかったですよー。
来年は2人と赤ちゃんと亀とで見れるといいです。

夫が言うには、
『十五夜の日は、どんなに雨が降ったり曇ったりしていても、夜中には、ビシャーッと月が輝く』のだそうです。
 月夜の不思議。

 あ、私が出産したときも、産院がなんだか一杯で、『満月だったからよ』という噂がしきり。
スポンサーサイト

コメント

満月

満月の夜に「月光浴」すると、体がとっても軽くなるって。チベット仏教では、満月の日は、阿弥陀仏の日。そして、善い行いも、悪い行いも100倍になるんです! 

  • 2009/10/06(火) 22:53:52 |
  • URL |
  • ふき #-
  • [ 編集]

ふきちゃんへ

> 満月の夜に「月光浴」すると、体がとっても軽くなるって。チベット仏教では、満月の日は、阿弥陀仏の日。そして、善い行いも、悪い行いも100倍になるんです! 

 へー!月の光は、本当に不思議ですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/498-f562d439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。