ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔と今

DSCたばこ棚
 明治にはいって建てられた、商人宿の中にあったタバコ棚。うえの方には、砕いたタイル文字で『コバタ』と右から左に書いてあります。
重厚な船箪笥や、重い木で出来た着物箪笥も好きなのですが、このごろ惹かれるのは、ちょっと"昭和”の入ったこんな棚。
 千代のガラス工房にも、出番を待って控えているこのような棚がいくつか・・・。いまゆくぞー。
DSCタバコ
 タバコをちょっと大きく撮ってみましたが分かりにくいですね。スミマセン。
 朝日、ききょう、みのり、ゴールデンバット、コスモス、わかばなど、時代を感じさせる、『懐かしい』たばこがずらり・・・。
 DSC屋敷神
 それからそれから、『千と千尋の神隠し』に出てくるような、屋敷神の祠がぽつぽつと。
その家の鬼門に建てたりして、家の守り神様を守るそうですよ。
この赤い幕を思わずめくりたくなる症状を抑え・・・。

今の便利な生活を一度味わうと、なかなか昔の生活には戻れない・・・。
この民家園でじっくりとバーチャルトリップをしたので、家に戻ってから、ふと、今の便利な生活をしみじみと思ってみたりした。
 車でスーパーに買い物に行き、コックをひねれば火がつき、水が出る。ボタン1つで洗濯が終わる。

 よく、『便利な世の中、失ったものは大きい。』といいますが、それに変わらず得たものは大きい。ソレは、良い悪いの問題ではなく、ただ変化があまりにも急速だったのだ。
 その大きな変化に人間の体と頭が足並みをそろえてついていかなかったのだろうと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/488-649f1d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。