ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善光寺の裏

善光寺裏
 福島に行く途中、長野市を通るので、ジブリの絵職人 男鹿和雄展を観て、善光寺にもチョロリと行こう。ということになった。
 まずは朝の9時に善光寺。
 前日にちょうど、善光寺の住職の退職をめぐってお金の絡んだ泥臭いニュースが流れ、行く気をげっそり無くしたところ。マア、美術館の近くでもあることだし、ぶらりぶらりと裏口から・・・。
 ご開帳も終わり、時も朝方。場所は裏手・・・。ということもあり、お寺で働いている人の、肩の力の抜けていることこの上なし。夏休み中であろうと思われるいがぐり頭の坊ちゃんもくつろいでいて、『なかなかよいものを見れた。』とパチリ。
 柵
この柵は、ご開帳のときにニュースで流れたもので、見たいナーと思っていたもの。
 遠くから見ると一本の竹がぐにゃりと曲がっているのですが、近くで見ると細く裂いてあり、誠に優美な線が・・・。竹も美しく組んであり、すばらしかったです。『技術をあえて隠す京の美だ!』とオットがやけに感動していました。

 男鹿和雄展は、とても見ごたえがありました。その地に行き、ロケやスケッチ、写真を撮って、やはりそれを見て描くこともあるのでしょうが、写真そっくりではないのです。雰囲気や匂いまで伝わるような・・・。見ている人の思い出を呼び起こす、不思議な絵です。アーティストではないのです。『職人』なのだなー。としみじみ感心しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/459-9a65744e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。