ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェコのガラス学校

Pチェコの 私の通っていたドイツのガラス学校は、チェコのチェレツナブロードというところにあるガラス学校と、友好関係があり、毎年4~5人の生徒が、交換留学をしていました。
 その関係で、私も一度チェコのガラス学校に皆でバス遠足をしに行ったときのこと。

 建物がまず古く、(お城です!)設備も古いのです。またそれがいい雰囲気の古さで・・・。日本の機械も、昭和初期のものって、なんだか丸みを帯びてかわいらしいですよね?そんなのばっかりでした。
 ドイツのガラス学校の機械は、すべてハイテクだったので、チェコの学校においてある機械を見て(あ、これでできるんだ?)という新鮮な驚き。

 軟質ガラスのバーナー科、吹きガラス科、カット科、デザイナー科、ジュエリー科と分かれているのは同じでした。やはり隣とは言え、国と言葉と文化が違えば作るものも違い、いろんな意味で『ドイツの目』になっていた私は、その東欧の若者達の作るものに感動すら覚えました。

 写真のものは、スノースポーツをしている人間の動きを、色ガラスの塊を器用に針金でつないで、あらわしていました。これのほかに、飛んでいるところや滑っているところ・・・。

 アルミや真鍮とガラスをうまくくみあわせて指輪を作ったり・・・。こういうところで写真をとることは、好まれません。ですので残念ながら写真はナシ。

 それでも帰ってきてから彫金師の若者達に、『皆貧乏だけれど、すごかったよ!』と話したら、
『Muss so sein!(そうあるべきなんだ!)』だって。『勉強しているうちは、貧乏なほうがいい。工夫をするから。』とも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/354-5b204697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。