ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤーチャイカ

IMGヤーチャイカ 松本市に車を飛ばし、写真映画ヤーチャイカを観に行ってきました。
すごくよかったです。『あたりはずれがあるからなぁ』と思って私は半信半疑だったのですが、見た後は、とても温かい光をもらったようでした。大事に胸にしまいこんで、寒いときや寂しいとき、何かとマイナスな気分のときに、そっとあけてホッコリできる種をもらいました。

 大きな町の人は、何かの機会で、見ることができると思います。そのときはゼヒ。

そのあとは、松本の街中やギャラリーをふらふらして、『松本』を堪能。ドイツから来たチーズとサラミをおいしく食べたい。とおもい、パンとワインを買いました。

 自然発酵をモットーにした、『Vollkorn』さんというところで、ライ麦の全粒粉で作ったパンと、小麦の全粒粉に胡桃を入れて焼いたパンを。  
 ヨーロッパのチーズは、味に力があるので、日本のふわふわ、バターとミルクたっぷりのパンには合わないのです。

 そこで、おいしいワインを買える店を聞いたところ、松本駅の近くにある中島酒店が、かなりのこだわりがあるらしく、予算と、あわせたい食べ物、辛口か甘口か。を伝えると、進めてくださるそうで・・・。

 『ドイツの固めのチーズとサラミとライ麦パンに合わせたい。予算は3千円以内、辛口で。』と伝えると、お洋服を合わせるように色々とワインを合わせてくれました。
そして、ひとつの辛口の白ワインを買いました。
 『DOMAINE MARCTEMPE PINOT BLANC ZELLENBERG』なんやら、『フランスのM.テンペさんが作ったピノブランでツェレンベルグといいます』というそうです。
 辛口の白とはいえ、色が琥珀色で、口当たりがとろりとして、そのあとにぶどうのかぐわしさが来ます。春の光のようなワインでした。

 今月の贅沢はこれで終了。あとはクリスマスまでせかせかと忙しくする日々。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/302-f925cd4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。