ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼっとん

『ぼっとん便所は昭和の遺物だ!平成になって何年たったと思っているんだ!』と夫はあのエントツを見るたびにつぶやきます。

 飯田市にはまだまだ汲み取り式の家が現存していて、私はここに来て久しぶりにそれを見ました。
今徐々に下水管を通しているそうですが、少し山のほうにいくとまだまだ。

 今回私が、『ここに工房を!』と言った場所は山の中のもと駄菓子屋さん。もちろん汲み取り式。
夫は『あんたはあの臭さを知らない。オレは経験から知っている。イヤです!』と断固反対。でも、その場所を目の当たりにして、魅力的な広さに心はゆれたのです。

 『ねーいい雰囲気やろ~』というと『ビジュアルだけで生活はできん』と言われました。
『花壇には花を!』とロマンチストな彼なのですが、ことトイレに関してはロマン抜き。

 来週の頭に、業者さんに見積もりを出してもらいます。
最低限直すといくらかかるか・・・。

 明日とあさっては、東京です。骨董市にいって、友達に会って、冬の展示会の打ち合わせです。

それでは、いってきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/271-af1939eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。