ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々の中に潜む

 日本で生活していると、日常の中に和製英語がチラホラ・・・。実は、ドイツ語もチラホラしているんです。
 
 医学用語は、まずドイツ語が多い。患者をさすクランケは、ドイツ語でも、Kranke(クランケ)診断書のカルテもドイツ語で、カードや、厚手の四角い紙をさすKarte(カルテ) ギブスもそうです。病院にいくと、あ!と思うこと度々。
 山登りの道具もそうですよ。リュックサック(これはそのまんま)とか、シュラフ(寝袋)は、schlafen(シュラーフェン→寝る)ヤッケ(ジャケット見たいやつも?)やアノラックもそのまんま。ヒュッテ(山小屋)もドイツ語です。


 でも一番おお!!と思ったのは、あの、全共闘時代と言われる時代に若者達は、ジーパンはいてヘルメットかぶって変なこん棒持っていましたよね?ゲバ棒ってヤツ。あの『ゲバ』実は、ドイツ語のGewalt(ゲバルト→支配、暴力)から来ているんですって!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/243-29330395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。