ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展示をする

 展示をするということは、ひとつのプレゼンテーションでもあるのでしょう。
自分が、何からインスピレーションをうけたか、とかテーマは何か、とかどういう風に提案をしていきたいか・・・。とか。

  私は、日本の美大や、デザイン学校には行っていないので、日本ではどう教えているのかわからないけれど、ドイツのZWIESELガラス学校や、ポルツハイムや、ノイガブロンツのジュエリー学校では、そういうことも教えていました(デザイン科のみですが)。
 どのように自分の商品、作品を他人に提供するか。
 先生に作品を提出するときも、ただ机の上にポン・とおくのではなく、わくわくして紐をとくように、あけたら、『わぁ』というように、工夫を凝らしていました。

 それは、とても楽しかったし、よいことだと思います。

展示をするということも、そういうことなのだと思います。その人が、その部屋に一歩踏み出すことで、私のプレゼンテーションが始まる・・・。という。

 なので、この企画は、もっと温めながら考えたかったのです。

 しかし、急なマルクス氏の来日で、それもかなわず・・・。彼から、新しいものをいろいろもらったし、いろんな話もしたし、今まで知らなかった日本の技術を知れたりで、本当に楽しかったけれども、展示のことを考えたり、それに割く時間をとられたのも確かです。

 とはいえ、私の(オフィシャルには)初めてのおおきな展示となるので、できるだけのことはしたいと思っています。

 8月1日からミュー美術館の、隅っこのお部屋をひとつ借りて、展示をさせてもらいます。

 ちょっと山奥ですが、どうぞお越しください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/178-9a6247ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。