ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤福

赤福
 自分の家族の意外な一面をみることってありますよね?

 夫はもとから少々ミーハーなところがあり、今回も、それを垣間見ることとなりました。

 伊勢に行く前から、『赤福をいっぱい買って、お土産にしよう!』と言いだしたのです。私は、昔に誰かのお土産で食べたことがあり、さほどおいしいというイメージがなかったので、激しく抵抗しました。しかもお土産なんて!『あんたのセンスを疑う』とまでいっていたが、本店近くになると、赤福を鈴なりにぶら下げた人がたくさん・・・。何しとるんや皆・・・。そして私たちもそのうちの一人で・・・。
 お店でお茶と食べてから、決めることにしました。
お茶はおいしかったですよ。古い店構えの中で、大きなお釜にお茶を炊いて、よい香りがしました。お茶の。しかし、肝心の赤福は、あんこの風味が・・・とかなし。中のもちにコシがあってよかったけれど、甘かったです。 記憶どうり。

 なぜこれがロングセラーに・・・。

 しばらくしての、夫の結論。

 『昔の人はさ、お伊勢参りするとき、すごく歩いたんだよ。人間は疲れると、甘いものがおいしいから、おいしく思えて、その時代の評価の名残が今に至るんじゃない?』
   おしまい。

 お土産は、土産話だけとなりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koubouhou.blog4.fc2.com/tb.php/117-fbc53125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。