ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにも見ず聞かず

 今は、商品を作る期間です。
 全く消費者におもねるわけでもなく、それでも、いいと思うもの。うまく、作りたいものとほしいものが合うといいですが・・・。『これはイケル!』と思って、全くダメで、でも何か月後かにバンバンお嫁に行っちゃったり。ということもあります。油断ならない。
 納期や個展の日がさしせまると、美しい歌も、素晴らしい絵も、面白い本も読まず、ただひたすらです。子供も、『ボクいるよー』と熱が出ちゃったりもします。

 作品作りのときは全く逆で、いろいろなことにアンテナを立てて、見て聞いて、吸収しようと、きょろきょろしていなければいけない。いつもは避けているデッサンなんかも、役に立ったりします。『疲れるから』と車で行きがちな子供のお迎えも、あえて歩いていきます。この時間が私に与えてくれるものは大きいです。

 ここのところ、パソコンでラジオを聞いています。主に、ラジオ モーツァルト余計なおしゃべりがなくて、いいんです。
今日はでも、ユーチューブで中島みゆきさんの、『宙船』とか聞いて、『やっぱいいわー』と独り言。
スポンサーサイト

抜け殻


工房の一角に、今おいてあるツルウメもどきのリースです。冬の展示会で、お役立ちしたもの。燃やすにしのびず、ちょっと工房を飾らせています。
 展示会の前や間は、寸暇を惜しんで工房に入り浸るのですが、終わると、糸が切れたようになって、足が遠のくのが、工房…。私だけ?と思いきや、あの方もこの方も…。
ここ2,3日は、片づけをしたり、作っておくべき在庫を書き出したりと、モチベーションを上げようと努力中。いつもそうなのですが、背水の陣でしかエンジンがかからなくって…。それではいかんのですが、いかんともしがたく…。あ!これを作ろう!と思ったらすぐにできるように足元固め中。ということです。

零下の工房


 ある冬の日の工房の作業机の上をパチリ。散らかっているでしょう!?二年越しでっす年末はぎりぎりまでお仕事をしていて、片づける暇なしでございました。

 ここ数日は、明け方にはマイナスになるので、夏は涼しい工房は、冬は常に零度以下です。窓の外が明るいのは、雪が降ったからです。
ヨシ!と一念発起してガラス管をつかんで仕事をするも、全部がキンキンに冷えていて、まるで氷を持っているよう。一応ヒーターを置いてあるので、スイッチを入れたら、あまりの冷えぶりに、『Low』と出ました。それでも、ガンガン仕事をしていると、手も体も温まってきます。足先は冷たいので、足踏みしながら。じっとしていると霜焼けになっちまうですよ。
 欲を言えばきりがない。今は、音楽があるので、寒いけれど楽しいです。

早春の


来ました!!今年も親愛なるカウフマン家から、春のおいしい贈り物が。毎年、春先に、届けてくれるのです。楽しく美しい写真と、温かい手紙とおいしいチョコとサラミとチーズを、ギュッと一つに詰めて。この2~3年は、共通の日本の知り合いに、託して、彼らが日本についたら、送ってもらう…。みたいな、方法を取ってもらっていますが、かなりの重さ。預かってくれる方には、いつもスンマセン。と思ってしまうけれど、この包みをほどくときの楽しい昂揚感。
今回は、お互いの家に、お子ちゃんがいるので、かわいらしい手作りのネズミのぬいぐるみをプレゼントしてくれました。
 カウフマン家は、吹きガラス屋さん。よろしかったら、ホームページも見てみてください。グラスハーゲン・ヒュッテといいます。どっしりしているけれど、確かな技術で…。なんか、『ザ、ジャーマニー』という感じの作品を作るんです。

火を入れる


写真は、ななやさんでのどんど焼きのもの。
 先日は、地区でのどんど焼きも終わり、みんなやれやれ。というか、晴れ晴れな顔で翌日の掃除に来ていました。こうやって、何かの日々を折り目を付けて迎えるのは、よいものだなぁと、思うようになた。年をとったのだなあと思う。

 きのうは、工房で久々にお仕事。注文のお星を作ったのですが、自分でもあきれるほどよぼよぼのお星。妥協や言い訳ばかりしている私の中にも、やはり『星とはこうあるべき』というものがある。それらを見事に外しまくり、ため息をつきました。後半には、手も思い出してきたのか出来てきたけれど、『いつもする』ことって、大事だなー。と思った次第。

おとついから、工房にCDコンポをおいて、ラジオもCDも聴けます。誕生日のプレゼントでした!!とても良い音で、聴くのが本当に楽しくなります。しもやけにめげずに、行ってきます。

もうすぐ

 どんど焼きの日がやってきます。今までは、夫がいたので、用意は、お任せにしていたのですが、今年はいないのでお子をおんぶして、用意のお手伝いに行きます。
広場に高く高く積まれた竹やお飾りやダルマたち・・・。夫に去年の話を聞くと、用意は結構ハードらしい。区の男手がみんな集まってやっても、3時ごろまでかかるって…。ああ、大丈夫かしら。
それから、来週は、木の工房ななやでプライベートどんど焼きがあります。こちらも楽しみ。

あけましてどうも


 なんだか、久しぶりにじっくりパソコンに向かってみました。
12月は本当にせわしなく、あっという間に過ぎてゆきました。展示会や、行事、集まりやお掃除…。いろいろあきらめるって大事なことですね。
 クリスマスは、夫のたっての希望で、東京に集合となりました。子連れでの東京は、車でない分、かなりおんぶ率が高かったです。子どもは、いつもは見慣れぬ電車やバスや高いビルに、興奮のしどうしでした。
 23日は上野動物園にいろいろ見にいったのです。寒風吹きすさぶ中、国賓であらせられるパンダは相変わらずマイペース。オヤジな後姿を撮ってやりました。 上野動物園でサルの生態を研究していた友人が、『パンダって、ホッキョクグマの次に凶暴なんだって』と言っていました。でも、パンダを凶暴にさせるスイッチって、わかりにくいなー。食べ物がないとか?  でも、確かに目はかなりワルな感じでしたよ。
DSC01565.jpg
 トラのほうが、よっぽどサービス精神がありました。でも、動物が、狭いところをぐるぐる回っているのは、やはり見ていて悲しい。昔の、コンクリで四方かこまれたよりはよっぽど条件はいいのだろうけれど・・・。
DSC01566.jpg
それから、見ていて楽しかったけれど、あまりにも人間模様を見ているようで複雑になったのは、ゴリラ。
写真は、お気に入りの布にくるまっているかわいこちゃん。集団生活とか家族とか…。ゴリラは目でいろいろしゃべるので、なんだかへたなこと言えないなー。という気にさせられました。

 動物園で散々冷えたので、ちょっと近くにコーヒーでも飲めるところ…。と探しましたが、あるところにはゴロゴロあるのに、探すとないのが、喫茶店。特に子持ちだと『おしゃれでおいしい』。より、『のびのびしていて子供にやさしい』ほうがいいんだなぁ。としみじみ。それから子供がおんぶで眠ったのでしめしめ。ということになって、久しぶりにアメ横ガード下のもつ焼き屋さん『大統領』に行ったけれど、案の定満員。そしたら、なんとびっくり、大きな支店を出していて、そこは座敷もあるので、やれやれ。と子供を下して、本当に久しぶりに、生ビールを飲みました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。