ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故郷展

 7月14(木)~19(火)まで、故郷金沢で初展示をします。ここ2,3年でモリモリ元気が出てきた通り。新竪(しんたて)にある、雰囲気のあるギャラリー。ギャルリノワイヨさんの一角で。
ノワイヨ夏スキャンIMG
 展示会名は、『ガラスの中の月と鳥と星と』です。皆さんに喜んでもらえるといいのですが…。

さて、初のふるさと展なので、気合を入れようと思ていたのですが、飯田での展示もあって、バタバタと寸前でのはがき作り。ミスがいっぱい。ううっ。
ノワイヨの店主さんに、『忘れよう!!』と言っていただき、次への教訓として、前に進みます。
スポンサーサイト

皮膚科

ステロイドを使わないで、アトピーに向き合ってくれるお医者さんを探して、飯田中を探しましたが、結局見つからず、それでも刻一刻と子供の状態は、ひどくなってゆくので、たまりかねてもらったリドメックスコーワ軟膏をつかったら、やはり抑えられて、一見きれいにはなるが、この春にまた、ふつふつといろいろなところから吹き出すように出てきたのです。
もう、泣くだけじゃなく、『かいかい~』ともしゃべれるようになってきて、こちらが泣けちゃいます。

 それで、先日行ってきました。たらお皮膚科に。
 岐阜で、ちょっと遠かったけれど、いってよかったです。カイカイもちの夫も一緒に診察してもらいました。

 頭以外は石鹸を使わず、シャワーなどで流すのみ。むやみに保湿をしない。掻き壊しているところには、亜鉛華軟膏。かゆがって眠れないときは、かゆみ止めの飲み薬(ジキリオンシロップ)後、粉薬(ビオチン)プールの後などは保育園で粘土のスキンミルクと亜鉛華軟膏を塗ってもらうように、一筆書いてもらいました。(医者の一筆がないと、保母さんははなにも塗ってはいけないそうです)。後、びっくりしたのが、妊娠中の『Hgb』(鉄分量)の値を見られたこと。
子供が体内にいるとき、肌を作る時期に鉄分が足りなかったのも、結構な要因なようで…。基準値にはいっていたので、『異常なし』だったでしょうが、13/Hgbはないと・・・。と言われました。

で、もらったのが、子供に毎食後飲ませるビオチン。ビタミンHだそうです。Hはドイツ語で皮膚(Haut)の意味のH。で、いま六日目。悪くなったりよくなったり…。日進月歩で良い方向に向かってくれていると思います。

着々と

 着々と日々はせまり…。焦っています。そしてパソコンに向かったりして。本当はそんな暇なんてないのに、現実逃避です。

 久々に作る物や、ほぼ初めて作るもの。データもないし要領も得ないしで、アップアップ。でも、見に来る人が楽しんでいただけたら。という思いで作っています。

6月16日から21日まで、アートハウスで。
オーナーの桜井さんから『ドキドキする展示にしてね』と圧がかかっています。心地よい圧ですが…。

組み立て

途中
 久しぶりの二重式蛇管冷却機。
 理化学物を作っているのではないんですが、やはり『正確に。落ち度なく。』それでも姿良く・・・。
今回の展示会のメインオブジェのパーツです。

雨ですが

しとしと降っています。
今日は、朝早く子供を保育園に送っていって、下伊那にあるかんてんぱぱホールにいってきました。
来年の予約です。
 展示会やイベントって、1年前から決めるんですよねー・・・。はじめはそれに馴れなくって、(やりたいと思ったらスグ!の人)イロイロ苦労しましたが、このごろは、きちんと手順を踏んで。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。