ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍みる

 毎日寒いですね。
千代・・・。かなりキテいます。朝、洗濯物を外に出すと、5分でカチカチ。工房にためてあったバケツの水も氷になりました(張るんじゃなくて、全部凍る)。
 それでも、住まいのほうは断熱材が張り巡らされているので、ずいぶん温かいのです。古い家にお住まいの人は、色いろ凍るようで。洗濯機につながるホースの水や、シャワーのカラン(うちもこれやった)、水道管・・・。凍るってすごい破壊力ですね。プラスチックや、コンクリート、金属までも壊してしまう。
 今は、凍っているからわからないけれど、春になったら、あちこちで水が吹き出してきそうで怖い・・・。

 来週の火曜日は、友人達がお子を見に来てくれるので、久々にガラスを本格的に再開です。余裕があれば、凍った現場なども写真に収めますゼ。
スポンサーサイト

どんど焼き

DSCどんど2
 あちこちで建設されていたどんど焼きが、先週から今週にかけて、着々と燃やされています。
去年お世話になっただるまや熊手、かきぞめを組み込んで、各小組合の皆さんが竹と木と藁で組んでいきます。
 ここ千代の4組と5組も合同で作りました。一日がかりの大仕事。ダンナは、足腰ガクガクしていました。DSCどんど
朝早くやるところが多いのですが、千代では夜。お酒や豚汁が振舞われて、結構楽しいのです。そして14日の夜ワタクシ、年女でもあって、点火させていただきました。実は次の日が誕生日でもあったのです。おめでたいバースデーキャンドルとなりました。
おき火でもちや芋を焼いて、堪能しました。醤油と海苔を持っていってあべかわを楽しみましたが、つわものかーちゃんは焼き鳥やソーセージを串にさして焼くだけにして、もってきていました。『私たちも来年はアレを!』と決意を新たにしました。

過ぎ去る日々を

DSCいこいこ
 大体子供ってヤツは、自分と同じ大きさ、もしくは小さい動物が好きですよね。
旦那の実家にいるおばあちゃん猫マメちゃんも、子供の良いえじきになっていました。追っかける、いじる、つかむ、なでる、でもう大変。『いいこいいこ』は教えますがなかなか大人の思惑通りには・・・。
こちらの写真も、マメちゃんのくつろぎタイム『カリカリセレモニー』に乱入し、グルーミング櫛を自らの手に取り親切の押し売り・・・。
 
 今回の福島帰省は、かなりの長きにわたりました。
指折り数えると2週間。その間ずっと子供を見てもらって、本当に良い骨休めになりました。
 ところで、いつもつけていた日記を飯田に忘れてきてしまい、なんと未記入。
 やはり日記をつけないと、時間があとを残さず消えていくようで切ない。
記憶なんて本当に当てにならないものだから、今回又日記の大切さを感じた。

アクアマリンふくしま

DS魚オブジェ
 アクアマリンふくしまに行ってきました!
 天気も良く、ガラスの建物に日が映え、きれいでした。
入り口に点在する金属のオブジェもかっこよく、入って最初の展示『海・生命の進化』にある展示たち。古代魚や、魚の祖先、
天上にはこんなダンクルオステウス
 かっこいい模型が!
『ダンクルオステウス 古世代デポン紀』実物大だそうです。

ばっちりと私たちの心を捉えました。メノウ化したアンモナイトの化石や、ウミユリの化石・・・・。しみじみと、化石はロマンだと思いました。

あと、ぐぐっと来たのは泳ぐ秋刀魚の展示。
食卓にはのぼるけれど、泳いでいるのを見る機会ってなかなか無いもの。ダイビングをしていても。
とっても臆病で弱い魚だそうで、飼育も大変難しいそうです。

 しなやかな魚体が、はかなげに、それでもきらきらと光っていました。
DSCヒトデアップ

 あ、あと、ヒトデの裏側っていうのも水族館ならでわ・・・。触手があるんですね。おすそ分け映像をどうぞ。

水族館の舞台裏ツアーもあって、行きたかったけれど階段が多くて、ベビーカーではいけません。とのこと。もう少しうちの坊ちゃんが大きくなってから行きたいナーと思います。

あけましておめでとうございます

北ドイツから
新年ですね。
北ドイツの友人から、ノルドゼーの初日の出の写真が送られてきました。
いろいろな新年と一日があります。
お仕事だったりテレビ三昧だったり、家族とどっぷりだったり一人だったり・・・。それぞれの人に日は注ぐ。

 さて今年もどんな一年にしようか、どんな一年になるか。楽しみでもあり不安でもあり。

昨日の姉からのメール。30日の夜にぎっくり腰をやってしまい、大変も大変!。ということ。
昔は、『ぎっくり腰』と聞くと、その名前のひょうきんさから、中々笑えたもの。しかし今は、とてもひどいということが分かります。幼子が二人いて、一家の主婦で、年末で・・・。オムツも替えられないんですよねー。ぎっくり腰って・・・。
 ドイツでぎっくり腰をやると、脊髄に痛み止めの注射をするそうです。お!恐ろしい・・・。
と、『日本でもやるよ』だって。ひょえー・・・。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。