ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーブンカップ

DSCオーブンカップ
 先日、あるギャラリーのオーナーから発案いただいた、オーブンウェア。
はじめは、耐熱ガラスのマグカップだったんだけれども、ガラスであることの意味とか、温かいもののイメージとか・・・。
 というわけで、耐熱であることを生かして、プリンカップ。カラメルソースとか、ベリー系のきれいな色のソースを下に入れて、焼き上げたら楽しそう。展示会の用意が一段楽して、気分が乗ればやってみます。

 寒くなってきましたねー!工房は、コンクリ打ちっぱなしなので、寒さが深々と身に染みてきます。オットのヘルプもありがたく、着々と製造中です。
 それでも子供が工房で、一人遊びばかりでかわいそうな時は、集いの広場で遊ばせたり・・・。

 かーちゃん工芸家、大忙し。
スポンサーサイト

信じるもののこと

 私は若い頃、宗教にかたよる人や、訪問販売に引っかかる人のことを『弱いからだ。頼るのはばかげている。』と思っていた。

 けれど、それから今まで本当に本当に色々な事があり、今では、『そういうものが見つかってよかったね。』といってあげたい。どんな形でも良い。信じるものがあってそれを望みに幸せに生きていけるのなら(他人に迷惑をかけない範囲で)、そういうものに出会えてよかったね。と言いたい。そう思えるようになった。

 それを夫に話したら。『アンタもいろんなことがあったからね。歳をとったんだよ。』と言われた。

 しかし・・・。悩みを抱える人ほど、それが切実であればあるほど、宗教、もしくはネズミ講に引っかかりやすい。それを利用するのは悲しいことだ。

迫り来る

Pクリスマス用
 これは、ドイツにいたときに撮った写真。
あちらでは、11月にはいったあたりから、ちらりほらりと飾り付けが始まります。陶器でできたおうち。
堅実なドイツの人々も、この時期はみんなのプレゼントに何がよいか?と胸を膨らませます。
それは消費者側の話。

作る側のこちらとしても、売れ時であるので、がんばって作らなきゃ!なのです。
ただでさえ12月はあっという間に過ぎて行くのだから、もうエンジンかけて作らなきゃ!!・・・という気持ちで。
といいつつ、今は子供が思いのほか寝ぼすけしてくれているので、洗濯物を干したり(おきているといじられる)、こうやってブログを書いたり(起きているといじられる)台所を整理したり(起きていると散らかしに来る)・・・。ああ!起きてきました!!
では再開!

久々

お久しぶりです。最後のアップから2週間あまり。色々ありすぎるほどあったのですが、ちょっとまだ生々しいので・・・。お知らせできるところからお知らせしようかな。と。

 ひとまず、展示会のお知らせ。12月の9日~28日まで、飯田市のJR川路駅近くにある、GOTANNDAというカフェで展示会をやります。(水曜定休)

 タイトルは『三女展』ちょっと古風な感じがよいでしょ?私をのぞいて後の二人は若い娘さんなのですが・・・。『絵と彫金とガラスの異色混合展』というサブタイトルで。

会期中は三人のうち必ず誰か一人います。私は毎木曜日に加え、14,18,26日。展示場所は、カフェとは別棟なので、アイにだけでも来て下さいネ。でも、そこはランチもコーヒーもおいしいので、そちらもゼヒゼヒお勧めです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。