ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

均衡を保つ

 きのうは、アグリ女学院のOG会とかこつけて、女と子供たちで、楽しく食べたりしゃべったり。
月に1度ほどこうやって自分達の今関心があることや、どうしているかと、集まっているのです。

 作ることや、植えること、耕すこと、からだのこと、食べ物のことに関心のある皆さん。
ヨガや、自然療法、西洋医学や東洋医学、ホメオパシーにまで話が行き、今回もナカナカ興味深い集まりとなりました。

お子に、湿疹ができて、痒がってかわいそうなので、何かよい方法を。と思ってはいますが、何物にもはまりすぎず均衡を保つことが大事だと思いました。
 情報が氾濫して、様々な人がいるこの世の中。色々上手に利用しつつも、自分が持つ『調子』に耳をすませ目を凝らすことが大事だと思う。
『調子がいい』とか『何かおかしい』というのは、人間に残された、数少ない野生力だと思う。
スポンサーサイト

目からうろこ

DSC_ピアスjpg
 先日、ドイツの友人からメールをもらいました。『久しぶり。わたしは元気です』と。
一緒にZWIESELでガラスを学びましたが、いまは、美大で陶器を学んでいる彼女。

去年の誕生日プレゼントに『着せ替えピアス』を送ったのです。大事につけてくれているようで、写真を送ってくれました。
 ところが、私が思っているようではなく、逆につけているのです。

よく、着物の帯をテーブルのセンターラインにしたり、そば猪口にアイスを盛ったり。というガイジンの固定概念にとらわれない発想にびっくりさせられた。という話を聞きますが、身近なところで、『目からうろこ』でした。

仕事始め

DSC作業場
 大変遅くなりましたが、仕事始めといたします。
お子のリズムもうまいことつかんできて、よちよち歩き回る前のこの隙に!!

 『産休中です』といいながらも、置いてもらっていたお店の商品がポツリポツリとなくなってきている頃。春にはグループ展もあるのです。ひよってはおれません。

 私は、時間があればあっただけボケ~っとするので、忙しく時間をつめたほうが何事もはかどるようです。
30代も後半に突入し、やっと自分というものがわかりかけている。

 遅い・・・。



 冬は鍋の季節ですね。
鍋はあったまるし、なんとなくイベント感もあるし、ですきです。
その地方にしかない鍋というものもありますよね。
北陸の人間ならば誰もが知っているであろうとり野菜味噌鍋。正式には、野菜を色々入れないみたいですけれど、我が家では色々、生ぶまで入れちゃって、とり野菜味噌をいれたら、ハイできあがりーのお手軽なおいしさ。だいすきでした。
石川を出るまで、その地方にしかないということを知りませんでした。

きのうは、人生初の『比内地鶏きりたんぽ鍋』比内地鶏もきりたんぽもお初。おいしかったです。

今週は、おでんをする予定。もう今から、下準備中。
しかし飯田には、練り物やさんがないので困ります。む!?コレはオットではないけれど、インターネットショッピングでもするか?!

 再来週に、ドイツから友人(日本人)が遊びにやってきます。ドイツのアジアショップやスーパーに、日本(風)の野菜や調味料はあるけれど(高いけれど納豆まである)いかんせん練り物がありません。
というわけで、ウェルカムディナーはおでん。

燃える

DSC燃える
 先日の夜、小組合のどんど焼きがありました。
前回アップした写真の、あの塔を燃やしたのです。

六時から始まる。といわれたので、3人で行きましたが、もうガンガン火が炊かれていました。
大鍋のトン汁や、やかんで沸かしたポン酒。無造作に置かれたビールやみかん。みんなの笑顔、張り切る子供。
『ああ、コレは楽しいかも』とおもいました。しかもみんな昔からのなじみ顔。

炎が上まで上がりきると、てっぺんに仕込んでおいた爆竹がハデに音を立て、クライマックスを迎えます。それから、木を組んだ縄も燃えきり、ばらばらと倒れて、その燃えあとでみんな持参してきたもちや芋を焼くのです。

 熱い、寒い、おいしい、もっと酒。などと言い合いながら、ポツリポツリと終わっていきました。

ああ、ここいらの人々は毎年こうやって新年を迎えるのか。とほのぼのしました。

らくがき


 毎月一度、私たちの住んでいる地域で、『常会』がある。
 今月することや、先月したことの反省などを話している。らしい。
 オットは、いつもおりこうさんで聞いているらしいが、帰って来る度に、資料になかなかツボにくる落書きをしてくる。およそ大人が持つ資料とはとは思えないものになって帰ってくる。
 

街の灯


 写真は、年末に通った東京の夜景です。
オットが珍しく、『懐かしい人たちに挨拶に行こう』といったので、懐かしいしい人々と懐かしい街に会いに行きました。
 懐かしい人たちは、変わっていたりいなかったり、もう二度とあえなくなっていたり・・・。懐かしい街も、さすがに10年たてば趣が変わり、二人で通った銭湯や、お向かいにあった喫茶店もなくなり、渋い街にいきなり電波塔が建設中で、ぎょっとしたけれど、アレもそのうちエッフェル塔のように皆に愛されようと思ってのことだろう。

 街の灯は、その街が内包するエネルギーだ
 東京の灯は、広くて深い
 キラキラして、キレイで怖い
  それでも
 あの楽しい人や、きれいなものや、面白そうな事
 私達を惹きつけてやまないものが
 いつもあそこで渦巻いているので
 いやがうえにも吸い寄せられる

どんど焼き

DSCどんど
 どんど焼きの季節です。
お正月のお飾りや、書初めを燃やしたりするのです。灰が高く上がって、字がうまくなりますように。灰が降ってついて、よいことがありますように。と願いを込めて。
 私の産まれ故郷金沢では、『さぎちょう』といって、1月15日(旧成人の日)荷神社で火を炊いていましたが、ここでは、地区ごとに、広場にこのような大きく色々組んで、もちを焼いたり酒を飲んだり・・・。かなり盛り上げています。DSCどんど2
 ダンナが、先日どんど焼きの準備を手伝いに行きました。裏山から木や竹を切ってきて、縄でぐるぐる。そこにしめ縄や門松や熊手など、お正月のお飾りを挿していき、果ては爆竹まで仕込み・・・。『突貫工事だ』とつぶやいていましたが、まさに・・・。ここは、商売をしている人が多いので、縁起かつぎの飾り物が多く刺さっています。ナカナカ壮観。
 今年この地ではじめて迎えるどんど焼き。楽しみです。
ただいま授乳中のため、お酒を飲めないのが残念無念。

鯖湖湯

さば201001021350000
お正月は、お子を義母と義父にあずかってもらいお風呂に行ってきました。本当に久しぶりの温泉で、熱かったけれどとても気持ちよかったです。写真は、飯坂温泉の鯖湖湯明治からの建物を、イメージを大事にそのまま復元してあります。

 今日のニュースで、歌舞伎座が老朽化のために壊され、そこに26階建てのオフィスビルが建つそうです。
 私は、歌舞伎座で、歌舞伎を見たことがないし、土地の税金を払ったり経営に加担しているわけではないので、まことに責任のない発言なのですが、日本人として、日本にこういう建物があることを誇らしく思っていたので、残念です。

あけました!

DSCマンズ
 どうも!あけましておめでとうございます。
 長い間アップしてなくてスミマセン。
年末の年始のバタバタがひと段落して、やっとパソコンに向かう余裕ができました。お正月は、夫の実家、福島ですごしました。
何年か前から恒例になっている万蔵稲荷(まんずいなり)への初詣。ちょっと吹雪きましたがお子も一緒に行ったのです。DSCまんず2
 雪に埋もれたお狐さん。
甘酒も振舞われ、大きなお守りを買った人に、『色々いい事お授かり~シャシャシャン・シャシャシャン・・・』と参拝に来た人が手を打ち鳴らし・・・。
今年もよい年でありますように。皆が健康でありますように。良き人が心すこやかで過ごせますように。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。