ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの片田舎から長野県の隅っこへお引越し。凱旋となるか、落ち武者となるかは、自分次第。ガラス加工とちょっぴり彫金。こんなのを作りました!と市中の人々に知ってほしくて、思わずパソコンに向かいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前に

    ちょっと、落ち込むことがあったのです。
写真は全然関係ないのですが、それをドイツの友人に勇気付けられて、心がドイツを旅していました。
 これは、ミュンヘンのマリエンプラッツの旧市庁舎デラックスな建物ですね。古い建物を、お金がかかっても残し、生かそうとするドイツの姿勢には、頭が下がる想いです。

 ドイツで、何人かの、すばらしい才能を持つ人に出会いました。その人達と今もつながっている幸せ。そして、彼ら彼女らから来る、何気ない現状報告や、あるいは励ましの言葉。

 健やかな風が吹いてきて、私を前へと向かわせる。
スポンサーサイト

めでたい!

 先日、姉に子供が生まれ、めでたい限りです。

義兄が陣痛室から、『今陣痛室よー』と電話をかけてきていたので、うなっている姉の声がバンバカ聞こえてきました。 
 穏やかな日常に受話器越しで飛び込む非日常のうなり声。かなりビビリました。それもそれが肉親ともなると。

 次の日、感想を姉に聞くと、『イヤーしんどかった。あんな痛い思いおかーさんもおバーちゃんもそこらへんのギャルママもようやったわ。尊敬する。』そして『子供産むたび女って強くなるって言うか図太くなるって言うか・・・。』とも。

春の足音

Pチューリップ 去年植えてそのままにしてあったチューリップの球根から、芽がではじめました。 ここ3~4日続いた長雨にも負けず、にょっこりと。 
 所々に猫が花壇を掘った後が。芽を迎えに行ったのか、よいトイレと思ったのか・・・。まあ、9割9分後者のほうですけれど。

 つい最近、ずっと気になっていた雑誌のことで。
 私は、その雑誌がすきなのですが、何か素直に『大好き!』と思えないところがあって、それを好んで読みながらも、何かもやもやしたものを抱えていました。でも本当につい最近。そのもやもやの謎がふっと解け、それからは『こういうところが好きでこういうところが嫌い』と距離を置いて気持ちよく、その雑誌を手に取るようになったのです。

 人付き合いにも似ているナーと思いましたが、なにぶん物への感情は、こちら発信のもの。人同士は、お互い発信。 一筋縄じゃあいきません。
 

隅っこも

Pすみっこ 加工をしようと思っている隅の場所です。ここもきれいになりました。3月の半ばにはバーナーや工具が入る予定です。
 
 電気炉を先日ドイツに注文しました。すぐ動くとは言え、何しろ海の向こう。2週間後か一ヶ月後か二ヵ月後か・・・。ドンブラコッコと長崎につくそうです。 送料は、190ユーロ。あまりの安さに、ダンナが『長崎の港まで引き取りに行くの?』と疑っています。

 

 

こつこつ掃除

P棚掃除  ジリジリと掃除も佳境に入ってまいります。

 アノ棚も今はきれいに拭かれました。中の割れているガラス板は取り除きました。他の棚にも、『枠はしっかりしているけれど、ガラス板が・・・。』というのが数個あるので、まとめて切ろうかと。幸いガラスカッターは持っているので、あとは腕次第??

 電気工事ですが、他の工事店に見積もりを出してもらったら、何とか現実的な値段に。複数見積もりって大事ですなー。

 前、車をガリっとやったときもそうだったんです。他2社では8万。と言われたところを、町の板金やさんに持っていったら3万円できれいに!おまけに1年間つけっぱなしにしておいたせいで、こびりついて取れなくなった初心者マークの黒いのも、きれいにしてくれました。

 この値段の差はなんなんだ?

色々と

 お金はないけれど、何かしたい!となると、やはり人は自分の手を使い工夫をするようで。

 まだ工夫はしてないんですけれど、なるべく懐に痛手のない方向で。と画策中。

はじめは、あれもしてこれもつけて、・・・。と夢は広がっていましたが、先立つものの都合で、すべては後回し。最低限のところから。

 ドイツの芸術家夫婦の家の、改造記録を見せてもらったときも、ほとんど自分で直していました。床をはがして壁を壊して、ドアを取り付け・・・。それでも2部屋ぐらいまだ手をつけていない部屋がありました。『お金が底をついたのでココマデ。』

 自分でやるより、プロに頼むほうがきれいで早い。(たまにコストも安かったり・・・。)ということもあります。

 底の見極めがねー・・・。

豆が主役

Pとうふ
 昨日つぶした大豆と、麹と塩をまんべんなく混ぜて、あれよあれよという間に味噌はできて、小さなコツを伝授していただき、あとは1年寝かせます。オヤスミナサイ(天地返しはありますが。)
 
 そのほかに本日は、豆腐と、おからドーナッツとおからサラダを作りました。
お豆腐は、思ったよりも簡単にできて、(ミキサーさえあれば)買うものより甘くておいしかったです。

おいしい豆腐は、何もつけないか、塩と七味唐辛子で。

味噌作り

Pお釜 本日と明日は、アグリ女学院で味噌作り。
 スーパーで買う味噌と醤油に満足がいかない今日この頃。
 この日をとても楽しみにしておりました。

 大きなお釜で2斗(14キロ?)の大豆を煮てくださいました。
なんと!薪で炊くのです。
P薪で

 立石寺のふもとに、小さな古い、味噌とお豆腐を作る施設があって、そこをお借りしたのです。
その施設では、そこの地区のおばあちゃん達がグループになって、自分の家で使う味噌を1年分作るのです。
 美しい山里でした。春の美しさはいかばかりかと。
Pつぶす
 今日は、煮てつぶして終わり。

明日は、麹と塩を混ぜるのです。

梅が

P梅 日当たりのよいところにある梅の木は、もうつぼみが少しずつほころんできています。
 朝晩や、吹く風は冷たいですが、長野県は本当に晴れる日が多いと思います。

今は、小瓶たちを製作中。

流れに乗っているときは、『ちょちょいのちょい』という感じで作っていたのですが、数ヶ月たって、再度同じ物を作るとなると、ちょっとてこずりました。
 でも、ある一定の法則を手につければ、グイグイと・・・。

あわわ!

 電気工事や換気用のダクトなど。いろいろなものの見積もりが本日一気に来て、ビビっています。

 作業をするハコは手で磨けても、電気はプロに見てもらわねばならず、ステンレス製のダクトや換気扇などは、私が作れるわけもなく・・・。

 電気は、普段使いの電気器具や工具、照明などで、100Vを使うから、それとはべつに200V3相を引くのです。
 この、『現状の100V』が問題で、古い建物なので、『今では許可されないほどの細い線が引かれていた』そうです。これを全部取り替えて、配線しなおすと10数万そして新たに200V3相の線をひっぱてきて10数万。
 電機引っ張るだけで30万ってアンタ・・・。

春はまだ

 三寒四温。
 ここ何日か暖かい日が続き、『もはや春?!』と思ってしまいましたが、やはりまだですねー。
 空気の匂いがまだかたい。

 春の空気は、草木の芽吹きのにおいがして、甘く濃い。

 昨日も、ただ暖かいだけの日。まだ春ではない。梅が間違えて咲こうとして、今日の寒の戻りで、『オッ』とつまずき状態。

ハタハタ

Pハタハタ  魚は大好きです。
 何しろ金沢生まれの金沢育ち。昔から母はよく近江町(おみちょう)市場にいっていろんな魚を買ってきて煮たり焼いたり開いたり揚げたり・・・。それはそれはよく食べました。
 しかし今は長野県。流通がよくなったとは言え、魚の種類も限られます。
先日、珍しくハタハタが安く売っていて、15匹298円!迷わずに買い、前半は煮付けに。後半は干しました。
 『大量だったんだね。』と夕飯時に話していました。

 たくさん取れたら市場に安く出る。こんなにわかりやすいことはないのですが、今ひとつ納得行かないのは、スーパーなどでやる、生鮮食品の安売り予告。 いわゆるチラシ。
チラシは、出る1週間前から乗せるものが決まっていて、それを補うために、様々な物に軋轢がかかる。  冷凍の魚だったらわかるけれど、『取れたて地場直送!新鮮イカ』がどうして1週間前から安くする。と宣言できるのだろう。  

 土日は漁がお休みだから、魚はたいしたものが入っていない。土日に近江町にいるのは観光客だけ。 と、ふとした時に思い出します。
 

駄菓子屋さん!

P駄菓子棚
 さすがもと駄菓子屋さん。こんな木の箱がありました。ガラス張りで、上に扉。取っ手や蝶番はさすがに壊れていたのですが、アレンジ次第で何かなるか??

 実は今、電気の引き込みに、ない頭を悩ませています。200Vの単相か、3相か。電気炉もエアーコンプレッサーも3相になりそうな。そもそも何が違うんだ?どっちがお得か?仕事のしやすさは???
電気なんて、ゼンゼン拒否反応を示していたけれど、必要とあらば人って多少なりとも勉強をするものだなーと。

 いろんな人に聞いたり、ネットで検索したり・・・。

お掃除

Pコーラ箱 今日もお掃除。
 今日は、夫と行きました。一人では運べないものを、一緒に持ったり、私一人だと『これはあとからでいいか~』を打倒していただき・・・。とりあえず、広い場所ができました。

 あとはここの埃を払い、壁を拭き(ちゅー太郎の足跡が一杯)・・・。それから電気炉を入れて200Vをひいて、換気ダクトをつけてやっとバーナーちゃんのお出ましとなります。

 写真は、お店の隅に隠れていたコーラとカルピスの木箱。これもきっと使えます。

自由な50歳

 昨日は、人が来たのです。
 私たちとは、違う世界に住んでいる人で、ある偶然とめぐり合わせから出会い、仲良くなって、まったく違う世界に住む人ですが、おいしいご飯を通じてお話などをしました。

 彼は、年は50なのですが、とても精神が自由で、彼の周りにはいつもボヘミアン的な風が吹いているような・・・。いわゆる中間管理職の50歳とはまったく違うのです。  ああ・・・。ヒッピーです。

 面白いランチとなりました。

名古屋にて

P名古屋
 名古屋に行ってきました。

 昨日は、ちょっと体調が優れず、休み休みの名古屋でした。今週で終わってしまうというモネをみに。

 モネ、よかったです。相変わらず。『物体を描かずに空気を描く』とは、彼が言った事か誰が言ったことか・・・。とにかく、ふわりとした独特の空気感。それから、彼とその周りを取り巻く人々の波乱万丈の人生をかいまみれました。

 写真は、美術館がある公園の木です。
街に行っても木を撮るって・・・。この日は、本当に疲れていたので、こういうのに癒されました。
 街は疲れる。特に知らない大きな都会は。

P棚1  工房の掃除中。

 これは、ずっと置いてある、結構お気に入りの棚です。
中のガラス板が数枚割れているけれど、直せば大丈夫。素敵な飾り棚になってくれるでしょう。

棚の上に山積みになっているのは、マッチ箱。もちろんしけっています。

 掃除に行っても、ぐるぐる部屋を見渡しながら、どこに何を置こうか、動線はどうなるか、ガス線とコンセントの距離など、やたらに長さを測ってみたり歩き回ってみたりと、はたから見たらきっと何にもしてないように見えるんだろうナーと・・・。
 それでも頭の中では、いろんな案が消えは浮き。
 こういう時が楽しいのでしょうが・・・。
 

太巻き

P手巻きの具 昨日は、恵方巻きも作りました。

 具は、しいたけ、きゅうり、菜の花、シーチキンマヨ、かんぴょう、卵、カニカマ。のりを半分に切って、半巻きに。
 『恵方巻きなんてそんなよその習慣・・・。落花生買っといて。』といっていた夫も、落花生置き(もはや節分とは違うものになっている)をしたあと、おいしそうに食べておりました。 
 スーパーに行っても皆太巻き買っていました。
 やはりなんだかんだ言って日本人はスシ好き。

 何でも酢飯にくるめばスシに・・・。

 酢飯と合わないものってなんだろう・・・。と少しまじめに2人で考えてみた。

 えー・・・。フルーツとか?

節分

 節分ですね。
皆さんのうちの節分はいかがでしたか?大豆?落花生?それとも恵方巻き??

うちは大豆でした。

ひとつの部屋を全部閉め切って、きれいに掃除機を掛け、父が鬼役になって、皆で豆を投げるのです。
 そのマメなんですけれど、皆があとでこぞってきれいに拾うように、母が、甘かったりしょっぱかったりする味豆を入れておいたり、チョコや飴を混ぜておいてくれたものです。 子供のころはかなり楽しみでした。

 夫のところは、落花生だったそうです。投げるまねをして、置く。みたいな・・・。

 前お勤めしていたところは、東京下町の、町工場。こてこての江戸っ子がたくさん働いていました。江戸っ子は、だいたいがお祭り好きで、縁起も担ぎます。そのせいかどのせいか・・・。
皆が大豆の箱を持って、7階から1階まで、近所中に聞こえるような大声で『鬼は外ー!!福は内ー!!』と叫び、投げつけ、この日はなんだか先輩も上司もなく無礼講・・・。あれはあれで楽しかったです。

 今日はサテ、どんな節分に・・・。

春へ向けて

P黄色
 2月はまだまだ寒いけれど、日向にある梅の花のつぼみは、膨らみだしています。

 毎朝、運動もかねて、散歩をしていました。ここ一週間は、風邪で調子が悪くお休み。
それでも今日こそは!と外に出たら、久しぶりの朝日が目に染みて染みて!

 写真の花は、黄色の梅のような花。1月の終わりから咲き出していたのですが、今日はまた一段と!

 病は気から。ともいうように、気力で残りの風邪菌を追い払いたいものです。

『来週から』

Pチキ

   来週から あの人に電話もするし
  
        ポストに手紙を投函もするし

        仕事もまじめにするし

        ここをきれいにするし

        花瓶に花を生けちゃったり
   
     もう見違えるばかりの私になるから

    だから今日はみのがしてネ

                  おやすみなさい         

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。