FC2ブログ

ガラス工房 こつこつ日記

ドイツの南端→長野の南端→東京の北端へ。流れ流れるガラス屋さんが、日々のことをいろいろつぶやきます。

猫の好み

DSC_0328.jpg
一番初めに、猫を飼おうと保護ボランティアをしているおうちに猫を見に行った時のこと。『どんな子が好き?』と言われて戸惑ったのを覚えている。
その方は、模様のことや性格や種類のことを聞いていたのかもしれないけれど、私はとても困ってしまった。  
 だって、猫は猫だと思っていたから。こうやって飼うまでは、猫というものがこんなに多様だと知らなかった。
結局そちらでご縁はなく、ほかの里親カフェで2匹の猫をもらってきたのです。

 タマというメス猫。ハルというオス猫。この2匹は、今思うと(歳を取っていたせいか)とてもおとなしかった。じっと目を見て要求や苦情をいう子たちであった。

 三毛猫のタマは、とろとろの毛並みで、顔がよこっぴろがりでお尻がプリッとしていて、高いところに乗るときはずっこけたり、と少しとろいけれど、乗っかってくるハルには強気。人見知りはほとんどなく、食卓の上がお約束の場所であった。『猫といえば優雅な尻尾』という猫初心者の私の偏見を見事くつがえした丸いかわいいしっぽ。何かあるとピコピコ動くところもズキュンときた。
 ナイロン袋を噛んで飲み込んでしまう変な癖があって、獣医さんに『野良猫の死因の大きなひとつは誤飲です』と注意され、家じゅうのナイロン袋をしまった。トイレも違うところにウンチをして、何度踏んだことか! それでもなぜか、かわいいと思えた。『馬鹿な子ほどかわいいとはこういうことか?!』なんて思ったりもした。 まあ今思うとそれが猫の魅力とでもいうのでしょう。
 甘えたくてよじ登られて、服や肌に引っかき傷もできた。それでも許せるかわいさ。なんでしょうね。
犬派の私がまさかこんなことになるなんて!
 飼い始めて3年目の春、タマは食欲がなくなりだし、座っている姿がスライム型から三角型になり、病院で診てもらったら、猫に一番多い腎不全という治らない病気でした。点滴を打ち、薬を飲ませどうにか1年は頑張ってくれましたが、もう点滴も聞かなくなり、何も食べなくなり、がりがりになっても、甘えて膝に飛び乗ってきてくれた、かわいい子でした。
 タマのおかげで、猫という動物が好きになりました。
あの思い出をどこかにとどめたくて、こうやってブログに書かせていただきました。インスタやFBは消えちゃうものなあと思って…。

 でも、後悔なく可愛がれたと思います。もっと前に会えていたらなあとは思いましたが、何しろめぐりあわせなので。

次は、やさしいおじさん猫ハルのことを書かせていただきますね。


スポンサーサイト



あれやこれやと

はる
 ちょこっとアップが途絶えておりましたが、やっと目鼻が付きました。
 この一週間は、おざなりにしていたいろいろなことを、一気にやった日々。こわくて先延ばしにしたことも、やぁ!と動きました。

 まずは写真の中年猫ハル。朝おこしに来る時とストーブをつけてほしいとき以外は、悪さも鳴きもしない、できたおじさん猫。ヤングボーイの黒猫クウちゃんにおやつを取られても噛まれても文句も言わない良い子。ちょっと長い間、『咳をして呼吸が荒いなあ。鼻炎持ちだしだからかな?』と思っていたけれど、違うことで病院に連れて行ったらレントゲンを撮られました。肺に水がたくさん溜まっていて(肺水腫)、血液検査で『心筋症』と診断されました。これから一日2回お薬を飲んで、それでも肺に水が残ったら注射で出して…。
心筋症は、人と同じで原因がわからないんですって。どんな飼い主さんも思うと思うのですが、『なぜこんないい子が!』と。診断されてから、半数が600日持たない。と言われました。なるべく心臓に負担をかけず、快適に過ごさせてあげることが私たちにできることらしいです。
 そして、免許の更新にいき車検の予約をして・・・。やっとやっとWindows7から10に移行しました。『サポート終了のお知らせ』を何度もやり過ごし、『今はまだその時じゃない。データーがもし消えるのは困る!』と足踏みをずっとしていたのです。
 何をこんなに躊躇していたのかというと、以前アップグレードしてみた時にとても使いにくくて、データーもどこに行ったのかわからなくて困ったので、すぐに7に戻したのでした。
なので、またデーターがどこかに行っちゃったらどうしよう!そもそもバックアップって何でとるの?メモリーどのぐらいいるの?なんかもうアップルにしちゃう?買い替えちゃう?!とか気持ちは飛びまくって、出店が落ち着くまで頭にしまい込んでいたのでした。
 で、手に付けたのが今週初め。USB調べたりパソコン調べたり…。買うのか買わないのか…。
で、本日やっと、USBにバックアップを取って10にアップグレードいたしました!警戒していたほどのひどいことは何も起きず、サラリと。また、ブログ書いたりはがき作ったり名刺作ったりできますよ!
 ああ。一つ一つ用事を済ませて、2月8日と9日は静岡ですよ!アリィの冬と夏 出たいなと思っていた催しなので、ひときわ胸が躍ります。そして、一人で静岡なんて!初めてだー!!

この一年。そしてこれから。

くう
100%ガラス屋さんになって、じきに一年がたとうとしています。セカンドジョブがないので、仕事をしないということは、収入がないということ。時間配分を取り戻すのに、少々苦しみました。それでも、作ったものを評価してくれるお客様がいるということは、本当にうれしいことで、自己肯定感を後押ししてくれました。ひと月にどのぐらいの仕事量と出店の予約を入れるか。どこに出すか。そういうことを手探りでやっていった感じです。
 そして六月の頭に腎不全を患っていた三毛猫のタマちゃんが眠りにつき、10月の頭に保護ボランティアの方からクウちゃんをむかえいれました。何しろまだ若い雄猫(当時3か月)なので、中年猫ののんびり生活に慣れていた我が家は、若い雄猫のガチャガチャぶりにびっくり。先住猫のハル君は、すっかり気圧されぎみ。1月には、男の子卒業オペの予約をしてきました。

 来年1月11日12日には、東京ビックサイトでハンドメイドジャパンフェス があります。ひっさびさの大きなフェス。ドキドキです。
そして、1月19日には雑司ヶ谷手創り市に出店します。
春に向けても続々決まっております。とにかく走るぞ!

助けたようで

コウイカ1
こちらが助けたようで、かえって気持ちが救われることがあるって、この頃よくある。そういうことに気づけて、ありがたく思う。

5月の週末


今週末は、東京の谷中であるクラフトフェアteraとrojiとに参加してきます。わたしは感應寺で出店いたします。暑くなりそう!晴れてくれてうれしいけれど、それなりの対策を練らねば!おいしそうな物や、楽しい物がたくさんある予感です。2日間、素敵な出会いがありますように!
写真は、ある週末高速から見えた富士山。富士山って、なんであんなに美しい形をしているのでしょう!霊峰といいたくもなります。
 
 ある年のGWに金沢へ夜の高速を走っていた時、ふっと夜気が、幼いころ庭で摘んで食べた苺の香りがしたのを覚えています。
はっとして、『ああ!そうじゃない。苺が夜の香りなのだ。』と思ったことがあります。
 
 外国で空港に降り立った時、その国の香りがするといいます。
 私は、タイはエビの香りがしたし、ドイツはソーセージのにおいがしたし日本は醤油のにおいがする。
夜気にも何かその場所独特の香りがあるように思う。
 東京はなんだか埃っぽくて、でもそれが都会な感じもする。山梨も長野も同じく緑豊かではあるけれど、何か違う香りがするのです。
ああ、長くなりました。今から、明日の用意と猫を病院に連れていきます。
次のページ